新着情報

静的解析ツールKlocworkが2021.2にバージョンアップ
JavaScript対応、Helix QACとの解析結果統合で利便性を向上

多くのお客様にお使いいただいているソースコード静的解析ツール「Klocwork」の新バージョン「2021.2」がリリースされましたので、お知らせします。今回のリリースにおける主な変更点は以下のとおりです。

  • JavaScriptの解析をサポート
  • 静的解析ツール「Helix QAC」の解析結果を統合

JavaScriptの解析をサポート
Web開発プロジェクトなどにおける静的解析をよりスムーズに

今回のバージョンから、JavaScriptの解析をサポートするようになりました。
Web開発プロジェクトで、サーバーサイドをC#またはJavaで開発、フロントエンドにJavaScriptを使用しているようなケースを考えた場合、従来は静的解析を実施する際に、それぞれ別のツールを使用する必要がありました。
今回の機能追加により、こうしたケースの静的解析をKlocworkのみで実施することが可能となり、ツールの使い分けなど煩雑な運用が不要となります。

JavaScriptの解析サポート

JavaScriptチェッカーの詳細については こちらをご参照ください。

静的解析ツール「Helix QAC」の解析結果を統合
両ツールを活用するプロジェクトのテスト工数を削減

KlocworkとHelix QACは、どちらも組込み開発、特に自動車用のプログラミング言語に対応した解析ツールです。
今回のリリースでは、Helix QACの結果をKlocworkにインポートする機能が追加されています。両ツールの診断結果を統合することで、セキュリティやコンプライアンスの指標を1カ所で確認することができ、テスト工数の削減に役立ちます。
規格適合チェックにはQAC、バグチェックにはKlocworkをそれぞれ使用するなど、両ツールの強みを活かして使い分ける際にも有用な機能となっています。

Helix QACの解析結果を統合

上記以外の変更点(概要)

  • Java11を完全サポート
  • C#の差分解析に対応
  • C/C++ Android11サポート改善
  • コーディング規約対応の改善(C++、C#およびJava向けCWE、OWASP、CERT C、MISRA)

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232
携帯電話の場合:03-5789-2587

Webからのお問い合わせ

page top