HOME > 検証サービス・ツール > ソースコード検証 > ソースコード検証

ソースコード検証

ソースコード検証 専門のアナリストによるソースコード解析を行い、不良箇所を報告するサービスです。開発者の負荷軽減とソースコードレベルでの品質向上を実現します。 高精度な解析ツールを使用した一次解析で不良箇所を摘出し、専門アナリストによる二次解析で過剰な指摘を排除。信頼性や脆弱性にかかわる問題点だけをレポート形式で報告します。専門教育を受けた検証エンジニアが対処の必要有りと判断したバグや脆弱性をコメントと共に確認できるため、効率的な改修作業を可能にし、製品の品質向上を実現します。

ソースコード検証導入のメリット

  • ツールだけでは実現できない不良箇所の選別が可能
  • 専門アナリストによるレポートで不具合改修の重要度も確認
  • 開発者の負担軽減と品質向上を実現

こんな方にお勧めします

  • ソフトウェア開発事業者
  • 開発者が検証を担当している企業
  • C、C++、Java、C#プログラム開発者

こんな悩みを解決します

  • 出荷後に発生する製品不具合が減らない
  • 重要な不良個所のみ効率的に改修する方法を探している
  • ソースコードの客観的評価基準がない
この検証サービスについてのお問い合わせ

PAGE TOP

特長

検証工程の効率化で製品品質を向上

開発者自身によるソースコードの検証は、思い込みや慣れによる見落としが発生する場合が多く、開発に用いるべき時間を検証に取られてしまうというデメリットがあります。 近年では様々なコード解析ツールが存在し、これらを使用することで不良箇所の発見は容易になりましたが、検出項目が多くなればなるほど、経験や知識を基にして、対処が必要な項目とそれ以外に分類する作業が重要になります。 ソースコード検証では、C、C++、Java、C#等の言語を用いたプログラムの検証を、解析ツールを用いたソースコード解析から経験に基づく重要性の評価まで併せてサポート。ツール検査と検証担当者による分類・評価までの検証工程を、PROVEQの検証専門エンジニアが代行します。

検証工程の効率化 イメージ図

1 高精度なツールによる一次解析で不良箇所を検出
2 専門のトレーニングを修了したアナリストによる二次解析で、過剰指摘を排除
3 バグや脆弱性、不具合など信頼性にかかわる不良箇所だけをレポート形式で報告

専門家の観点から不良箇所を評価

検証結果全般について総括する「品質傾向分析レポート」では、ソースコード全体の不具合や脆弱性の傾向を総覧でき、開発工程の課題点を把握することができます。 信頼性にかかわる不良箇所をまとめた「障害レポート」では、指摘行単位で「判定」「判定理由」を一覧化。問題点の洗い出しと共に検証専門エンジニアによる見解を確認することで、スピーディーな判断と対処が可能になります。

品質傾向分析レポート イメージ図

PAGE TOP

検査対象

対象言語 C、C++、Java、C#
対象ツール 当社推薦ツール
検査レポート 障害レポート 品質傾向分析レポート
検査方法 静的解析 パターンマッチング検査やルールベース検証 データフロー解析 制御フロー解析

ソースコード検証」についてのお問い合わせはこちら

この検証サービスについてのお問い合わせ

類似の目的で使用できるサービス・ツール

PGRelief

PGRelief

スキルの高い開発者がレビューで発見するような問題点を自動検出
Klocwork

Klocwork®

C、C++、Java、C#開発用静的コード解析ツール群。大規模コードにも
DevPartner

DevPartner

.NETアプリケーション開発の初期段階からデバッグやテストを強力に支援

仕様書・設計書検証

セキュリティ・コンプライアンス

システム機能検証

テスト自動化

テストプロセス改善

ソースコード検証

システム負荷検証

測定サービス・ツール

管理・監視・運用

開発者支援

認証審査