HOME > 検証サービス・ツール > 測定サービス・ツール > スマートフォン熱測定

スマートフォン熱測定

スマートフォン熱測定 実際の使用環境をシミュレートし、スマートフォン 本体の温度を計測。発熱しやすい条件・環境・機能を特定します。 従来のフィーチャーフォン に比べ消費電力の大きいスマートフォンでは、 端末の発熱量も大きくなる傾向があります。スマートフォンでは排熱機構が無く、熱暴走によるアプリの中断・端末の機能不全・突然のフリーズの要因となり、最悪の場合には端末本体の破損事故・暴発事故を引き起こす場合もあります。また、具体的な障害が発生しなくても、ユーザーの体感過度自体がクレーム要因となることも少なくありません。 発熱による不具合は前例が多く、大きな事故が起こらずとも端末のフリーズ頻発は製品イメージ、ひいては企業イメージを損なう場合があり、当該端末だけでなく次期端末の売り上げにまでも影響を及ぼしかねません。リリース前の熱測定で、不具合を未然に防ぎましょう。

スマートフォンに寄せられるクレームの代表例

  • スマートフォン本体の発熱 フィーチャーフォンと比べて消費電力が大きくなったことが原因
  • バッテリー/電池持ち フィーチャーフォンと比べて格段に大きくなった液晶画面、常時通信を行うアプリの出現が原因の一つとなっている

こんな方にお勧めします

  • スマートフォン本体の開発企業

こんな悩みを解決します

  • 新機種リリース前にスマートフォンの熱測定を行いたい。
  • 多様な機種との熱測定の比較を行いたい。
この検証サービスについてのお問い合わせ

PAGE TOP

特長

自動操作テストと手動操作テストを併用し、実際の使用で発熱しやすい条件を特定します。自動テストツールを用いた観点組み合わせテストによって、高温になりやすいケースを網羅的に検証。特に発熱の激しいケースを特定します。 絞り込んだ組み合わせを基に最適なテストケースを作成し、手動操作テストを行うことで、信頼性の高いデータをレポートします。

スマートフォン熱測定 イメージ図

自動操作テスト

使用中のデータ回線の種類・Bluetoothの使用有無・画面輝度の設定や充電状態などの使用環境と、長時間の音声通話・カメラの連続撮影・SNSの閲覧や連続投稿などの実操作を網羅的に組み合わせ、発熱が激しくなる組み合わせを特定します。

手動操作テスト

手動操作テストでは、自動操作テストで特定した条件を基にテストケースを作成。発熱が激しくなる組み合わせを重点的に検証。自動テストでは検出しきれない、端末表面の体感温度や端末挙動の体感速度も計測します。アプリの操作テストについても、自動テストでは処理しきれない複雑な操作や、実際に長時間の通話を行った場合の発熱に関しても計測が可能です。

対照試験の実施

同等スペックの他社端末と対照試験を行うことで、発熱が端末固有の現象であることを確認できるうえ、他端末と比較してどの程度の発熱であるかを検証することが出来ます。他端末との対照試験を行うことで信頼性の高い検証結果をレポートします。

スマートフォン熱測定」についてのお問い合わせはこちら

この検証サービスについてのお問い合わせ

PAGE TOP

用語解説

スマートフォン【smartphone】

携帯電話端末の区別の一つ。通話・メール機能の他にPDA機能を付与した多機能携帯電話端末のことを指す。従来パソコンで行っていた、WordやExcelなどのファイル編集やPCに近い感覚でのWeb閲覧などを実装している。代表的な例としては、Android端末・iPhone・Windows Phone・BlackBerryなど。

フィーチャーフォン【feature phone】

携帯電話端末の区別の一つ。主に「スマートフォン」に対応する概念として使用される。 通話やメールの機能以外に、ワンセグ・おサイフケータイ(Felica)・メガピクセルカメラ・GPS・赤外線通信・Bluetooth・フルブラウザなどを実装した端末を指す。

仕様書・設計書検証

セキュリティ・コンプライアンス

システム機能検証

テスト自動化

テストプロセス改善

ソースコード検証

システム負荷検証

測定サービス・ツール

管理・監視・運用

開発者支援

認証審査