HOME > 検証サービス・ツール > 測定サービス・ツール > HTML5 API差分情報提供

HTML5 API差分情報提供

HTML5 API差分情報提供 HTML5で設定されているAPI の実装状況をスマートフォン端末・携帯電話端末ごとにまとめ一覧で提供するサービスです。
HTML5には、HTML4以前ではHTML単体で実装することが困難だった高度な機能を実現するための様々なAPIが追加されています。これらAPIを使用した際の挙動は、ブラウザの種類やバージョン、Android端末においては各メーカーのカスタマイズ状況、ハードウェアなど複数の要因で大きく異なっているのが現状です。これらの複雑な実装状況を、端末機種ごとの一覧にまとめ、実装時の動作確認をサポートするサービスです。

HTML5が注目される理由の代表例

  • Webアプリの浸透
    ブラウザ機能を搭載していれば、さまざまなプラットフォーム(OS)でコンテンツを利用できる。
  • マルチデバイスの普及
    スマートフォン、タブレット、電子書籍リーダーなどのさまざまなデバイスが普及してきた。
  • アプリの公開
    アプリマーケットへの手数料や審査が不要。

こんな方にお勧めします

  • Webアプリ開発者
  • スマートフォンサイト開発者
  • Webデザイナー・プログラマー

こんな悩みを解決します

  • HTML5のAPIが各端末で実装されているかを確認したい。
  • Webアプリ実装前に各端末で使用可能なAPIを把握しておきたい。
この検証サービスについてのお問い合わせ

PAGE TOP

特長

PROVEQが所有する500種類以上のモバイル端末より、お客様が必要な差分情報を検証・ご提供致します。表示サンプルは以下よりダウンロードいただけます。

HTML5 API差分情報 ダウンロード

PAGE TOP

メソッドレベルでの検証結果

スマートフォンの標準ブラウザではAPIそのものが実装されていても、特定のメソッド が実装されていない場合があり、混乱の要因になっています。また、同一のメソッドを実装している場合でも、各端末のハードウェア性能によって挙動が変わることがあります。
メソッドレベルまできちんとチェックすることで、バグの回避・改善に貢献します。

HTML5.JP

この情報は「HTML5.JP APIチェッカー」を活用して作成しています。ご利用の端末で「HTML5.JP」の「HTML5 APIチェッカー」にアクセスすると、HTML5 APIの実装状況を簡単に確認することができます。

HTML5 API差分情報提供」についてのお問い合わせはこちら

この検証サービスについてのお問い合わせ

類似の目的で使用できるサービス・ツール

モバイルコンテンツ検証

モバイルコンテンツ検証

スマホアプリ・Webアプリ・Webサイト等のコンテンツを幅広い環境で検証

検証機(テスト機材)

検証機(テスト機材)

過去に販売された機種から最新機種まで、各種検証機で実機検証

用語解説

API【Application Programming Interface】

アプリケーションをプログラムする際の仕様。 何らかの機能を実現する際に指定する命令や関数の記述ルールを定義したもの。

メソッド【method】

アプリケーションのプログラムにおいて、オブジェクト(対象)に対する実際の操作のこと。html5においては、実装されている個々の仕様を指す。