HOME > 検証サービス・ツール > 管理・監視・運用 > Silk Central

テスト管理ツール - Silk Central -

Silk Central

テスト結果やテスト結果を受けた改修状況など検証にまつわる様々な情報を一元管理し、開発の進捗状況を可視化。開発プロジェクトを成功に導き、製品の品質向上を可能にします。 実行中のテストの内容、テスト結果、要件とテスト内容の関係性や、テスト実施上のメトリクスの定義など、開発プロジェクトの検証工程で生じる様々な情報の共有は、製品の品質に直結する重要な課題です。Silk Centralではテスト実施における多様な情報の可視化を実現し、検証工程の効率化のみならず、プロジェクトチームの活性化、開発プロセスの改善、ツールの活用を通してトータルな品質向上を実現します。

Silk Central導入のメリット

  • 要件に基づいたテストの実現
  • テスト資産一元管理による可視化、再利用の向上
  • 自動テストを利用したテスト実行の効率化
  • 手動テスト時の利便性を向上

こんな方にお勧めします

  • ソフトウェア開発会社
  • ポータルサイト運営事業者
  • SNS運営事業者
  • 組み込みシステム開発事業者

こんな悩みを解決します

  • 各工程で行われているテスト結果が共有できていない。
  • 要件とテスト項目の紐付けが明確になっていない。
  • プロジェクトにかかわるスタッフが増え、適切に情報共有できるか不安。
この検証ツールについてのお問い合わせ

このページを見た人が一緒に閲覧しているページ

機能テスト自動化

機能テスト自動化

安定的な稼働に不可欠な機能テストの負担を自動化によって軽減
Caliber

Caliber

適切な要件定義で、プロジェクト関係者全員の認識一致を促進
StarTeam

StarTeam

開発プロジェクトの膨大な情報・タスクを一元化するプラットフォーム

PAGE TOP

特長

テストプロセス全体の管理

ソフトウェア開発プロセスの中で行われるテストは、「要件」を満たしているかどうかをチェックするのが元来の役割です。開発規模が大きくなるにつれ、要件とテスト、テスト結果と実装など、本来紐付けられるべき情報が分散し、認識一致が困難になります。 Silk Centralは「要件」をベースにした「テストの定義」を起点に、「テストの実行」「実行結果」「テストで発生した問題」など、テストにまつわるあらゆる情報資産を紐付け、一元管理する総合的なプラットフォームです。 多彩な機能を兼ね備え、特に以下のポイントに注力し、開発プロジェクトに様々な立場で携わるメンバーをサポートします。

テストプロセス全体の管理 イメージ図

1. 要件に基づいたテストの実現

プロジェクトにおけるすべての工程は、「要件」を実現することを目的としています。検証工程においても、「要件」を起点に「テスト項目」や「テスト結果」「テスト消化状況」などを関連付けて把握することが重要なポイントとなります。 Silk Centralは要件・テスト項目・テスト実行結果の紐付けや、要件を基準としたテスト規模と消化状況をグラフ表示することで、プロジェクトの進捗状況・成果物の完成状況を可視化。テスト項目消化を目標として突き進むのではなく、プロジェクト本来のゴールである最終成果物を目標に据えたテスト実施を可能にします。

要件に基づいたテストの実現 要件に基づいたテストの実現

2.テスト資産一元管理による可視化、再利用の促進

テスト項目、テストシナリオ、テストデータ、テスト実行環境、テストで発生した問題などのテスト作業に関連する様々な情報は、管理ルールが定められていなかったり、ルールが形骸化していると貴重な情報が個々のメンバーの判断によって扱われ、分散してしまう可能性があります。 このような状況下では正しい情報が不明瞭になり、最悪の場合追跡も不可能になります。 Silk Centralではテスト作業に関する情報を一元管理し、テスト実施後の分析や情報追跡を容易にします。蓄積したテスト資産の再利用を促進し、次期開発や同種のプロジェクトのスムーズなスタートに貢献します。

3. 自動テストを利用したテスト実行の効率化

Silk Centralでは機能テスト自動化ツールSilk Test、負荷テストツールSilk PerformerをはじめJUnit、NUnit、Fitnesseなどのオープンソースソフトウェアのテストフレームワークを利用した自動テストを行うことができます。自動テスト実行の際にはスケジュール、実行サーバー、ビデオ録画の有無、実行結果のメール通知などの設定が可能。テスト自動化ツールを活用することで効率的なテストの実施が可能です。

4. 手動テスト時の利便性を向上

テスト自動化が行える範囲は全テストの30 ~40%と言われています。開発プロジェクト全体の生産性向上のためには、残る60~70%の手動テストの効率化が重要になります。 Silk Centralは手動テスト用のテスト計画を管理する機能を搭載。手動テストを行うエンジニアは、ダッシュボードから自分が行うテストをピックアップしてテスト手順や割り当て時間を確認し、入力データと期待する結果を確認しながらテストを実施できます。テスト結果の報告および問題のレポート、記録のためのビデオ録画機能も用意されています。

手動テストの割り当て 手動テストの割り当て

PAGE TOP

Silk Centralの特長

1. ダッシュボードでテスト進捗状況、タスクを管理

現在のテスト状況や、自分が担当するテスト等を一覧できるダッシュボードを実装。 品質管理を行うマネージャーは現在のテスト状況を把握することができ、テストエンジニアは自分にアサインされたテストを確認することができます。表示項目はカスタマイズ可能。立場に応じて必要な情報を表示することができます。

ダッシュボードに配置可能なデータ ダッシュボードに配置可能なデータ:品質目標に対する達成率、自分にアサインされた手動テスト、 テスター毎の問題報告推移、テストサイクルの状況等

2. 要件の管理

要件をツリー構造で管理し、テスト項目との関連付けを定義できます。 要件の登録時には「個々の要件を個別に定義する」「Microsoft Wordファイルで用意された内容を一括入力する」「マイクロフォーカスの要件管理ツールCaliberとの連携により、要件内容を一括インポートする」などの設定方法が用意されています。

3. テスト項目の管理

テスト項目の説明、自動テスト実行のためのテストシナリオの設定、手動テストのための実行手順を定義することができます。 テスト項目の登録にあたっては、個別の定義以外にも、要件のツリー構造を元にしたテスト項目の一括定義、Excelファイルからの一括インポートなどを利用できます。また、自動テストなどでテストシナリオにパラメーターを使う場合、Silk Centralからパラメーターの値を与えるよう設定することもできます。

テスト手順の管理 テスト手順の管理

4. テスト実行の管理

テスト項目の詳細情報を設定可能です。 登録したテスト項目またはテスト項目のグループに対して、テストを実行するサーバー、実行のスケジュールなどを定義することができます。テスト実行の度に、指定したエントリーへテスト結果が保存されます。最新のテスト結果から過去の実行内容まで遡って参照することができます。

5. テストで発生した問題の管理

テスト実行時に生じた問題は、テスト項目とテスト項目の元となった要件を紐付けて管理することができます。 対象アプリケーションに問題が発生した場合、その内容をSilk Centralに登録できます。登録後、開発担当者が対処状況を入力できるため、障害対応状況も管理可能です。

問題の管理 問題の管理

6. レポート機能

BIRT、Excel形式などの雛形を活用し、独自のレポートを作成することができます。 Silk Centralでは、要件、テスト項目、テスト実行結果などの集計結果をドキュメント化するための雛形を豊富にご用意しています。

PAGE TOP

システム要件

サーバーシステムの要件

ハードウェア
プロセッサ Intel Core i5、または、互換性のある同等のプロセッサ
RAM 4GB以上
ハードディスクの空き容量 30GB以上(データベース容量を除く)
OS
フロントエンド、アプリケーション、およびチャートの各サーバー
  • ・Windows Server 2012 R2 64bit
  • ・Windows Server 2012 64bit
  • ・Windows Server 2008 R2 SP1 64 bit
  • ・Windows Server 2003 R2 SP2
実行サーバー
  • ・Windows 8 SP1 32 bit/64 bit
  • ・Windows 7 SP1 32 bit/64 bit
  • ・Windows Vista Ultimate Edition 32 bit
  • ・Windows XP SP1 64 bit
  • ・Windows XP SP3
  • ・Windows Server 2012 R2 64 bit
  • ・Windows Server 2012 64 bit
  • ・Windows Server 2008 R2 SP1 64 bit
  • ・Windows Server 2003 R2 SP2
  • ・Ubuntu
  • ・Redhat Enterprise Linux
  • ・Debian
  • ・Suse Linux
Webサーバー
  • ・IIS 6、7、8 32 bit/64 bit
  • ・Micro Focus スタンドアロン Web サーバー (Tomcat)
データベースサーバー
  • ・Microsoft SQL Server 2012 SP1
  • ・Microsoft SQL Server 2008 R2 SP2
  • ・Oracle 12c (バージョン 12.1.0.1.0)
  • ・Oracle 11g (バージョン 11.2.0.4)
  • ・Oracle 10g (バージョン 10.2.0.5)

クライアント環境の要件

ハードウェア
プロセッサ ・Intel Core i3、または、互換性のある同等のプロセッサ
RAM ・1GB
ハードディスクの空き容量 ・1GB
Webブラウザ
  • ・Windows Internet Explorer 11
  • ・Windows Internet Explorer 10
  • ・Mozilla Firefox
  • ・Google Chrome

インテグレーション可能な製品

マイクロフォーカス製品
  • ・CaliberRM 10.1, 10.2
  • ・Caliber11.0(要Hotfix1), 11.1, 11.2
  • ・Silk Performer 15.5
  • ・Silk Performer 15.0
  • ・Silk Performer 10.0
  • ・Silk Test 15.5
  • ・Silk Test 15.0
  • ・Silk Test 14.0
  • ・TestPartner 6.3.x
  • ・StarTeam 14.1
  • ・StarTeam 13.1
サードパーティ製ソフトウェア
  • ・Bugzilla 4.0, 4.4.2
  • ・Compuware Changepoint 2010 SP1, 2009, 2009 SP2
  • ・IBM Rational ClearQuest 2003.06.15.734.000
  • ・IBM Rational DOORS 9.4, 9.5
  • ・IBM Rational Requisite Pro 7.0.0.0
  • ・JIRA 5, 6
  • ・Atlassian JIRA Agile 6.1.4.2 (JIRA 5.2.8 ベース)
  • ・JUnit 4.11 以降
  • ・Microsoft Visual Studio / Visual Studio Test Agent 2010, 2012, 2013
  • ・Microsoft Office Excel テストのインポートとしてxls, xlsxをサポート
  • ・Microsoft Office Word 要件のインポートとしてdoc, docxをサポート
  • ・Serena Version Manager (PVCS) 8.1.4
  • ・Rally
  • ・SAP Solution Manager 7.1
  • ・Subversion 1.8.5
  • ・Team Foundation Server 2010, 2012, 2013
  • ・VersionOne Enterprise Edition
  • ・VMware vCloud Director 5.1

このページを見た人が一緒に閲覧しているページ

機能テスト自動化

機能テスト自動化

安定的な稼働に不可欠な機能テストの負担を自動化によって軽減
Caliber

Caliber

適切な要件定義で、プロジェクト関係者全員の認識一致を促進
StarTeam

StarTeam

開発プロジェクトの膨大な情報・タスクを一元化するプラットフォーム

Silk Central」についてのお問い合わせはこちら

この検証ツールについてのお問い合わせ

仕様書・設計書検証

セキュリティ・コンプライアンス

システム機能検証

テスト自動化

テストプロセス改善

ソースコード検証

システム負荷検証

測定サービス・ツール

検証機(テスト機材)

管理・監視・運用

開発者支援

認証審査