HOME > 検証サービス・ツール > 管理・監視・運用 > cloudappbase

業務用スマートデバイス向けプラットフォーム - cloudappbase -

cloudappbase cloudappbase特設サイトはこちら

cloudappbase® は、モバイルデバイスの業務活用にセキュアな環境を提供するスマートデバイス専用プラットフォームです。 iPhone、iPadやAndroid端末は今や生活の一部となっています。中でもタブレットPCは持ち運びの利便性と操作性の良さから、営業支援ツールなどとして活用する取り組みが進んでいます。様々なメリットの反面、モバイルデバイスの業務活用には紛失・盗難・マルウェアなど様々なリスクが存在します。情報漏洩などの重大な損害を防止するため、十分な対策を講じる必要があります。 cloudappbase® はモバイルデバイスの業務活用に必要とされる万全のセキュリティを提供し、システム管理者・個々のユーザーの双方に快適なビジネス環境を構築します。

cloudappbase® 導入のメリット

  • 万全のセキュリティ対策
  • BYOD とセキュアな環境の両立を可能にする個人/業務モード切替機能
  • 最新のデータを共有できるコンテンツ管理機能

その他多くの機能でもモバイルデバイスの業務活用をバックアップします。無料トライアルも実施中!ぜひお申込みください。

こんな方にお勧めします

  • 外回りが中心の営業部門を抱える企業
  • 常に最新の情報を共有する必要がある企業

こんな悩みを解決します

  • モバイルデバイスの業務活用を検討しているが、情報漏洩などのリスクが気にかかる
  • BYODを導入しているが、社員により環境が異なりサポートが困難
  • 移動中地下鉄などで情報に最新情報にアクセスできない時間が長い
この検証ツールについてのお問い合わせ

PAGE TOP

特長

モバイルデバイスの業務活用に万全のセキュリティ環境を実現

モバイルデバイスの業務活用は様々なメリットと共に、多くのリスクと隣り合わせです。デバイスの紛失・盗難・マルウェア等による情報漏洩は、貴重な情報資産の流出や個人情報流出による訴訟の要因になる場合もあります。モバイルデバイス利用のメリットを活用しながら、重大な企業価値の損失を未然に防止するためには、万全のセキュリティ対策が必要となります。 cloudappbase® は、会社支給デバイス/BYODいずれの場合にも万全のセキュリティ環境を実現します。

業務領域データの暗号化/業務モード中の通信の暗号化

cloudappbase® を導入すると、1台の端末上で個人モードと業務モードの切り替えが可能になります。業務モード内では会社が許可するアプリケーションやファイルのみが利用可能になります。 業務領域のデータは暗号化して管理するため、大切なデータを情報漏洩リスクから守ります。 BYODでは、個人モードと業務モードをワンタッチで切り替えが可能です。 会社支給デバイスの場合、つねに業務モードで使用できます。

3要素認証

業務モードへのアクセスには「ユーザー認証」「端末認証」「OSチェック」の3要素認証を採用。不正なアクセスを防止します。

マルウェア被害から端末を守る専用アプリストア

オープンマーケットのアプリには、フィッシング詐欺、海賊版アプリ、スパイウェアなど、様々なリスクが潜んでいます。cloudappbase® では、業務モードで使用するアプリを配信するための貴社専用アプリストアを開設。専用プライベートストアで、社員グループごとにカタログ、動画、アプリケーションなどの配布が可能です。安全なアプリだけを社員に配布することで、様々なリスクから端末と企業情報を守ります。

万が一の情報漏洩対策

万が一の紛失・盗難時には管理者が管理画面から端末をリモート操作することができます。端末を操作不能にするリモートロック、端末を初期化してデータ消去するリモートワイプで、情報漏洩を防止することが可能です。

システム要件

Android端末
OS Android 2.3/3.x/4.x
機種 国内キャリアから発売されている機種 ※対応機種についてはお問い合わせください。
ブラウザ 標準ブラウザFirefox推奨※エージェントアプリのインストール時に必要
iOS端末
OS iOS 5.x/6.x/7.x
機種 国内キャリアから発売されている機種 iPhone4/4S/5 iPad/iPad2/iPad3/iPad4
ブラウザ Safari推奨 ※エージェントアプリのインストール時に必要
管理者用PC
OS Windows 7
ブラウザ Internet Explorer 8.0/9.0/10.0/11.0

PAGE TOP

価格(月額換算)

基本利用料(基本パック)
パック内容 金額 単位
・cloudappbaseのフル機能 ・メール、連絡先、ブラウザのアプリ付属 ・スタンダードサポート付/ストレージ容量1GB付(1企業単位) ※最低お申込み台数は20台からとなります。 ¥500 スマートデバイス1台
初期費用(初回のみ)
内容 金額 単位
環境構築、各種手続き ※契約満了後の再契約の場合は必要です。(契約更新時は不要) ¥100,000 企業ID
追加オプション
オプション パック内容 金額 単位
セキュリティパック 基本パックに含まれるブラウザ(KAITOスタンダード版)をセキュアブラウザ(KAITOセキュア版)へ変更できます。 \500 スマートデバイス 1台
ActiveSync利用オプション Exchangeベースのメールやスケジュールをcloudappbase標準アプリで閲覧する場合に必要なオプション \300 スマートデバイス 1台
プロキシ オプション(※1) 共有型
  • 1デバイス、1接続先サービス(1 IP)あたりで課金
  • ベストエフォート型
\1,000 スマートデバイス 1台
専用型
  • サーバ1台あたりで課金(デバイス1000台/同時アクセス100台が目安)
  • ベストエフォート型
\100,000 サーバ1台
ストレージ追加パック 1GB単位で増設可能(1企業単位) \1,000 1GB
  • (※1) 外部システムへアクセスするための中継サーバの利用料です。(※弊社DCにて運用)
  • ※別途ボリュームライセンスをご用意しております。
ご利用料金例

例:基本パック20ライセンス、12カ月の場合

初期費用 ¥100,000
基本パック\500×スマートデバイス20台×12カ月 ¥120,000
合計(税抜) ¥220,000

cloudappbase」についてのお問い合わせはこちら

この検証ツールについてのお問い合わせ

用語解説

BYOD 【Bring Your Own Device】

個人所有のモバイルデバイスを業務に使用すること。私用で使っているスマートフォン、タブレットなどのデバイスを持ち込むことだけでなく、電子メール、ファイルサーバ、データベースなどの企業が保有する情報にアクセスすることを含んだ業務利用を指す。

仕様書・設計書検証

セキュリティ・コンプライアンス

システム機能検証

テスト自動化

テストプロセス改善

ソースコード検証

システム負荷検証

測定サービス・ツール

検証機(テスト機材)

管理・監視・運用

開発者支援

認証審査