検証サービス
システム負荷検証

通常運用時に起こりうる性能上の問題や
負荷に対するシステムの限界を見極め、
システムの安定運用を強力に支援

こんな方にお勧めします
  • ポータルサイト運営事業者
  • キャンペーンサイト開設を企画中の企業
  • 公共サービスのシステムを開発している事業者
  • ショッピングサイト運営企業
こんな悩みを解決します
  • 現在のサーバー設定でキャンペーン時の負荷に耐えられるか不安
  • 高い安定性を求められるシステム構築で、どこまでの耐久性が必要か分からない
  • ボトルネックの特定ができず、リリース日が近づいている
  • 社内システムが重く、業務の効率が上がらない

システム負荷検証とは

システムの本番運用を想定したシステム負荷テストを短期間で実施。システムに、アクセスが集中した時のパフォーマンスを計測し、ボトルネック を検出します。

通常は安定稼動しているシステムも、急激なトラフィック増加や高負荷な状態が連続して、急激なパフォーマンス低下やシステムダウンなどの不具合が起きる場合があります。システム負荷検証サービスでは通常運用で性能上の問題が発生しないか確認し、負荷に対するシステムの限界を見極め、性能要件を満たしているか検証します。ボトルネックの早期発見で、システムの安定運用を強力にバックアップします。

用語解説

ボトルネック【bottle neck】
システムの処理速度やネットワークの通信速度の向上を阻む「隘路(あいろ)」となっている要素。コンピュータやネットワークのシステム全体の性能の向上を目指す際、どこか一ヶ所が妨げとなって性能が上がらないことがある。このような要因をボトルネックという。

主な判定方式

  1. Increasing 方式
  2. Steady State 方式
  3. All day 方式

上記の組み合わせによる独自のワークロードを設定することも可能です。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

特 色

POINT 1

負荷テストの重要性

システム導入前に十分なパフォーマンス検証を実施していない場合、運用時のアクセス集中によって予想外のシステム障害が発生する可能性があります。早期に復旧ができた場合でも、システム停止期間の収益のストップや信用の失墜など、深刻な損害が発生します。安定したシステムを効率的に開発するためには、プロジェクトの計画段階でシステム負荷テストを組み入れることをお勧めします。 PROVEQのシステム負荷検証サービスは、クライアントサーバーシステムからWebシステム、メインフレーム、モバイルアプリケーションまでを幅広くサポート。クラウドシステム、ECサイト、社内システムなどのシステム負荷テストにご利用いただけます。

POINT 2

ソフトウェアサイクルに合わせたパフォーマンス検証

POINT 3

様々なワークロードに柔軟に対応

システム負荷のワークロードについては以下の3つの基本パターンから選択できます。 下記3つのパターンの組み合わせにより独自のワークロードを設定することも可能です。

  • Increasing方式

    段階的に仮想ユーザーを増やし、システムのブレイクポイントを検出します。

  • Steady State方式

    最大仮想ユーザーで長時間連続実行しシステムの安定性を見極めます。

  • All day方式

    終日運用を想定し、時間帯ピークのシミュレーションを実施します。

POINT 4

コードレベルのパフォーマンス解析

システム全体を構成するソースコードが膨大であっても、パフォーマンスに大きな影響を及ぼしているのはごく一部のソースコードである可能性があります。速度やメモリのボトルネックとなっている箇所を特定し、対処することで、ボトルネックの解消が可能になります。

コードレベルの分析 アプリケーションの階層 レイヤー別の分析 トランザクション パフォーマンスの分析
ソースコードをクラス、メソッドレベルまで解析し、コードのどの部分にボトルネックが存在するかを特定。 ボトルネックとなるAPIを検出して分析。原因を特定します。 ボトルネックとなるトランザクションを検出して分析。原因となっている処理を特定します。
サポートしているアーキテクチャ
Java、.NET Framework、Ajax、Silverlight、CORBA、EJB、WebDAV、LDAP、Citrix、SAP、等
コードレベルの分析 ソースコードをクラス、メソッドレベルまで解析し、コードのどの部分にボトルネックが存在するかを特定。
アプリケーションの階層 レイヤー別の分析 ボトルネックとなるAPIを検出して分析。原因を特定します。
トランザクション パフォーマンスの分析 ボトルネックとなるトランザクションを検出して分析。原因となっている処理を特定します。
サポートしているアーキテクチャ Java、.NET Framework、Ajax、Silverlight、CORBA、EJB、WebDAV、LDAP、Citrix、SAP、等

導入事例・ケーススタディ

ユミルリンク株式会社様

導入前の課題

  • 自社の人員リソースだけで短期間の検証を完了することが難しかった
  • 1万5000項目にも上る機能検証を手がけるにあたって、自社検証チームの負担を軽減したかった
  • 経営層から、開発スピードとともに品質面での強化が求められていた

システム
負荷検証
導入で!

導入効果

  • シーイーシーの検証サービスの豊富な導入実績。見積り・提案の段階からパートナーとして信頼感が生まれた
  • メモリリークする箇所を早期発見するなど、パフォーマンス検証を通じて品質向上に大きく貢献した
  • リニューアル直後からECサイトが安定稼働し、顧客満足度の向上につながっている
みずほ情報総研株式会社様

導入前の課題

  • 利用者ごとにPC環境が異なった
  • Webシステムを稼働させた状態で、事象の要因を突き止める必要があった
  • Webシステムのパフォーマンスにバラつきがあった

システム
負荷検証
導入で!

導入効果

  • Webシステムのパフォーマンス向上と安定稼働を実現した
  • 社内のシステム検証プロセスの蓄積と作業の効率化につながった
  • 利用者ごとのWebサイトのパフォーマンスにバラつきがなくなった

一覧を見る

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232
携帯電話の場合:03-5789-2587

Webからのお問い合わせ

page top