ツール
ドキュメント診断ツール cleardox

仕様書・設計書・技術文書のあいまいさを診断
ドキュメントの品質向上を強力に支援

ドキュメントに関してこんな課題はありませんか?
  • あいまいな文章の誤解釈により手戻りが起きてしまう…
  • 現在のドキュメントにどの程度の問題があるのかわからない…
  • 仕様変更時に関連ドキュメントの変更が漏れてしまう…
  • 必要な情報がどのドキュメントにあるかわからない…

cleardoxとは

あいまいな文章表現の指摘、ドキュメントの品質診断、
全文検索や関係性解析機能を通じて、ドキュメントの品質向上を支援

cleardox(クリアドックス)は、文書の表記ゆれ・あいまいな表現を解消し、ドキュメント全体の品質向上を実現します。PDFやOfficeアプリケーションで作成された設計書、品質・規格関連文書など、さまざまな文書が対象です。

cleardox:あいまいさの数値化Checker/プレビューつき高速全文検索Finder/ファイルの関係性を可視化Tracer/サマリー表示・傾向分析Dashboard

導入効果

ドキュメントの
誤った解釈による
手戻り工数を削減

仕様書のあいまいな表現は手戻りを招く大きな原因です。一方で、人手で添削をするのは難しいものです。あいまいな表現の検出・修正により、手戻り工数削減に役立ちます。

分かりやすいドキュメントを作成したい・・・

あいまいな表現を検出・数値化して、
「分かりづらい」「読みづらい」の問題を解決

例えば、こんな分かりづらい表現・文章を抽出!

  • ・「適宜」などの不明瞭な表現
  • ・冗長な文章

作業内容が明確になり手戻りが少ない開発へ!

影響範囲の
可視化・全文検索により
文書変更漏れ防止

仕様変更があれば「影響が及ぶ関連文書」をすべて漏れなく修正しなければなりません。全文検索・影響範囲の可視化で変更が必要なドキュメント・箇所を洗い出しにより、漏れなく変更できます。

仕様変更時には
ドキュメントの影響範囲を知りたい

「ファイルの関係性の可視化」「キーワードの全文検索機能」
で修正が必要な箇所を洗い出し!

変更A

全文検索

変更Aに関連する
ドキュメントを
抽出!
変更A

ファイル関係を可視化

ドキュメントの変更漏れを防止

ドキュメントレベルの
可視化・向上

プロジェクトに関わる全ドキュメントの品質や時系列での推移、作成者ごとの品質傾向も分析可能にし、品質の底上げを実現します。

ドキュメントの品質を定量的に評価したい・・・

ドキュメント品質・更新状況などをリアルタイムに表示。
品質レベルを管理可能!

担当者・部門ごとの
ドキュメントの
品質レベルを可視化

この担当者の
ドキュメントは
改善の余地あり!

ドキュメント作成・管理スキルを向上

機 能

FUNCTION 1

あいまいさの数値化「Checker」

ドキュメントのあいまいさを評価する機能です。 ドキュメントごとに、文章の数・あいまい度・指摘事項を表示します。

  • 文章の「あいまいさ」を数値化
  • Checkerによる修正ポイントの明確化
  • 日時/時間を設定することで、決められた時間に自動収集
  • 独自Checkerの作成が可能

あいまいな文章の修正例

  • 冗長な文章の場合は分割して複数の文章にする
  • 指示語を使用する際は、直前に明記されているか確認する
  • 「適宜」などの不明確表現を無くす
  • 範囲を示す表現は、明確に記載する
  • 条件節がある場合、切り出して記載する

FUNCTION 2

プレビューつき高速全文検索「Finder」

数多くのドキュメントから、お探しのドキュメントを検索する機能です。

  • キーワードによる高速全文検索
  • ページ画像によるサムネイル表示
  • PDF表示により、ドキュメントの拡張子を意識しないファイル閲 覧が可能

FUNCTION 3

ファイルの関係性を可視化「Tracer」

キーワード設定により、ドキュメントの親子関係を可視化する機能です。 ドキュメントを変更した際の影響範囲を確認することができます。

  • タグ付け無し/キーワードを設定することで、文章単位にトレースの自動収集設定が可能
  • トレーサビリティマップにより、ドキュメント変更時の影響範囲を可視化
  • トレーサビリティマトリクスの出力が可能

FUNCTION 4

サマリー表示・傾向分析「Dashboard」

ドキュメント単体の分析だけでなく、ドキュメント全体の品質や時系列での品質の推移、ドキュメント作成者ごとの品質傾向も分析可能です。

  • 各種データを元に独自分析が可能
  • ファイルごとのあいまい度比較
  • 作成者ごと/時系列での品質傾向の見える化

導入事例・ケーススタディ

組み込みメーカー A社様

導入効果

  • あいまいさを含む問題個所を効率よく発見・修正可能に!
  • 海外出荷用に翻訳する仕様書の品質向上にもつながった!

システム構成/推奨環境

対応可能なドキュメント種類/ファイル形式

要件定義書、基本設計書、製品仕様書、製造指図書、変更履歴書、ソースコード、テスト計画書、テスト項目書、プロジェクトレビュー済の詳細設計書など [対応ファイル形式] txt、xml、html、ppt、doc、pptx、xls、xlsx、xlsm、docx、pdf、js、c、h、java、hpp、cpp、gz、tar、zip、csv

動作環境

ハードウェア
要件
CPU Intel Core i5、または、互換性のある同等のプロセッサー
メモリ 8GB以上 ※共有で利用する場合は、16GB以上
ディスク Cドライブに100GB以上(収集データサイズに依存)
ソフトウェア
要件
OS Windows 10/Windows Server 2012R2以降 ※共有で利用する場合は、Windows Server 2012R2以降
対応
ストレージ
ネットワークストレージ
対応
プロトコル
SMB2.1/SMB1.0
対応
ブラウザ
対応ブラウザ Chrome(推奨)/Microsoft Edge /Firefox /Internet Explorer11以降

基本パッケージ(Finder/Checker/Dashboard)

プラン 収集データーサイズ 想定されるユーザー層
1Gプラン 1GB 個人利用
10Gプラン 10GB 小規模プロジェクト利用
100Gプラン 100GB 大規模プロジェクト利用
100G以上 100GB以上 企業利用

ライセンス価格例 ※プランによって変動し、サブスクリプションライセンスで提供

プラン 収集データーサイズ ライセンス価格例
10Gプラン 10GB 498,000円(税別)/年間使用料

オプション(Tracer)

プラン 収集データーサイズ 想定されるユーザー層
Tracerオプション 基本プランに従う トレーサビリティを利用するユーザー

サービス

プラン 概要
導入コンサル エンジニアが訪問し、導入を支援します。(遠方地の場合は別途交通費実費精算)
ハンズオントレーニング ガイド、マニュアルをベースに使い方を説明します。
Checker作成 お客様の要求をヒアリングし、独自Checkerを作成します。

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232
携帯電話の場合:03-5789-2587

Webからのお問い合わせ

page top